先輩の声

ミトラでどんな仕事(業種)を任されていますか?

システム開発に携わっています。システム開発は要件定義から始まり、設計、開発、テスト、稼働準備、運用後の運用保守まで、多くの工程があります。以前の職種では、中規模から、大規模システムの携わる機会が多かった為、各工程を専門的にする事が多かったですが、ミトラでは、比較的小さなシステムが多いため、各工程に対し、横断的に携わっています。

休日の過ごし方など良ければ教えてください?

子供がいますので、子供と時間を過ごすのが基本です。友達と過ごす時は飲みに行ったり、海に行ったりします。最近は叔父の趣味の手伝いをすることが多く、叔父の家で過ごす時間が増えています。もちろん、時間がある時はシステム、語学の勉強など、自己研鑚に努めるようにしています(笑)。

ミトラに応募した理由を教えてください。

学生時代は電子工学を専攻していた為、ソフトウエアとはあまり縁がありませんでした。時間は余っていましたが、お金が無かった為、学生時代、アジアに一人旅に出たり、夏休み中は自転車で県外に旅に出るのが好きでした。僕自身、受け身でいるより、自分から動くのが好きなので、募集要項に書いてあったミトラの求める人材像に合うと思いミトラに応募しました。

ミトラに入社しての感動したことなどエピソードを教えてください。

私が直接関係したわけではありませんが、ミトラで手掛けているモバイルCTGという事業があります。ある小さな離島では、そのシステムのおかげで、赤ちゃんが助かったという話を聞きました。そのお話を聞いた時は、自分の仕事の意義というものをすごく感じました。

仕事をしている中でやり甲斐や取り組んでいることなどを教えてください。

医療システムの中でも周産期システムは生命の誕生に関わるところですので、その辺りにやり甲斐というか、不思議な感覚を覚えることがあります。また、ミトラのシステムは大病院様から個人クリニック様まで、さまざまですが、個人クリニックでは医師だけでは無く、スタッフ全員との協力関係が求められます。個人的にはその一体感にやり甲斐を感じる事が多いです。